外資系の会社に対する英語面接対応

外資系の会社の英語面接をクリアするには

外資系の会社の中途採用の試験で実施される機会の多い英語面接は、苦手意識を持つ求職者が多くいることで知られています。特に、外国人の担当者と限られた時間の中で特定のテーマについて会話をするためには、日常会話レベルの英語力を完璧にマスターしておく必要があります。また、外資系の会社の職種や仕事内容、役職などにより、求められる英語力に違いがあるため、中途採用の試験を受験する前に、お目当ての会社の事情をきちんと把握することが大事です。英語面接の対策を立てるにあたっては、通信教材やテキストなどを利用するだけでなく、なるべくマンツーマンのレッスンを受けることのできる英会話スクールなどを頼りにすることがおすすめです。

外資系の会社の入社後に役立つ英語力

英語でビジネスの様々な事柄についてコミュニケーションが取れる人材は、大手の外資系の会社で好まれる傾向が見られます。特に、キャリアアップのために外資系の会社の採用試験にチャレンジをしたい場合には、数か月以上前から英語で履歴書や職務経歴書などを作成することはもちろん、面接に向けたシミュレーションを行うことがおすすめです。また、入社後に営業職などの直接的に取引先や顧客と交渉を行う職種で働くにあたり、最低限のビジネス英語を学んでおくと良いでしょう。もしも、志望の外資系の会社で期待される英語力について分からないことがある場合には、転職希望者をターゲットとした会社説明会やセミナーなどを活用することが大切です。