外資系企業は英語での面接を行うのか?

英語での面接が行われる外資系企業に転職を目指すには

外資系企業に転職を希望する社会人は少なくありませんが、企業の方針や職種などにより、英語での面接が実施されることもあるため、余裕を持って試験に向けた準備を始めることが大事です。特に、営業職などの業務上で海外の取引先や顧客とのコミュニケーションを取る機会が多い職種で働くためには、高度な英語力が要求される傾向が見られます。そこで、英語での面接をクリアするうえで、採用試験の前から英会話スクールなどに通ってコミュニケーション能力を高めたり、外国人の講師と面接の練習をしたりすることが効果的です。また、英語の面接の際に担当者に好印象を与えるために、ビジネスに役立つ英語の検定試験を受験することもおすすめです。

英語力が役立つ外資系企業の探し方

英語力に自信がある人が能力を活用できる外資系企業は数多くありますが、少しでも良好な待遇で転職をするために、早い時期から転職先の候補を絞っておくことがポイントです。例えば、世界各国に支店のある外資系企業で長く働くためには、キャリア教育のための取り組みがしっかりと行われているかどうか見極めることが大事です。また、外資系企業の中途採用者の配置に関しては、各企業の考え方によって大きく事情が異なるため、転職フェアなどのチャンスを使いながら、関心のある企業の最新の動向を調べておきましょう。なお、外資系企業で必要とされる英語力に関しては、各企業の事業やサービスの内容に左右されるため、早い段階から業界の研究を行うことが効果的です。